節約したい方必見!無駄な出費をなくそう

貯金ができない、無駄な出費を減らしたいなど、悩んだ経験はありませんか。ここでは複数の人が実践している節約術を解説いたします。
日常生活に上手く取りいれながら、無駄な出費を少なくしていきましょう。

節約を成功させるポイント

節約は「余分な出費を控える」ことです。幅広くきりつめれば出費額を抑えることができますが、長期間我慢が続くとメンタルが低下し挫折につながります。
節約を効果的に行うには下記の点を意識してみましょう。

生活費以外の出費を考える

少しずつ貯めたお金が一気になくなると、スタートに戻った気持になり、意欲が失われてしまいます。税金や車検等予測できる出費、冠婚葬祭費等の急な出費に備えておくと良いでしょう。

目標をかかげる

適当に節約するより、目標をかかげて実践するほうが取り組みやすくなります。
最初は小さい目標にして、達成する度に目標を大きくするなど、体験を積み重ねると幸福感が増すのです。目標をかかげる際は、具体性を必ず重視してください。

我慢せず楽しく行動する

節約に向けた意識が強くなるとストレスが溜まったり、家庭がギスギスするなど、そんな状態が続いてしまうと節約することが辛くなり挫折してしまいます。
ポジティブ思考で取り組むことができる自分に適した節約方法を選ぶことが重要です。また、ゲーム感覚で行うのも良いでしょう。

すぐにできる節約方法

無駄な出費を少なくする節約術をひとつ行うのではなく、福袋の方法を取り入れましょう。日常生活にあった節約方法を知ることができれば、長期間節約することが可能となります。
下記では複数の人が実践している節約方法をまとめました。幅広いご家庭において、実践できる節約方法をご覧ください。

キャッシュレス決済の使用

キャッシュレス決済を使っていますか。現代社会におけるひとつの支払い方法です。クレジットカード・電子マネー・スマホ決済等を効果的に活用することをいいます。
また、支出の管理、ポイントが貯まる、手数料が削減等のメリットがある節約方法です。実際に試したい方は、キャッシュレス決済支払いを日常的に取りいれましょう。

ポイ活

ポイントを貯める「ポイ活」を実施している人は多く、手軽に始めることができるため人気を集めています。クレジットカード・電子マネー・ポイントカードの利用でポイントを貯め、次回のショッピングや商品交換に使用できるので節約したい方におすすめです。
また、楽天ポイント・Dポイント・WAONポイントなど様々な種類があり、交換したい先を自由に選択できるのです。
幅広く貯めることができ、ポイントを効果的に使えるので、ムダなく節約に役立つでしょう。

家計簿でお金の見える化

家計簿などを活用して出費額を「見える化」にしましょう。お金の支出内容の具体化を指し、客観的にかんがえることや見やすくするなどの意味があるのです。
家計簿をつければ「何処に」「いくら」出費しているのか確認できるので、家計の金銭事情が浮き彫りになります。
また、家計簿を始めると、どれがムダなのか直ぐにわかるようになり、具体的に行動目標をたてられます。

固定費削減

外食費・美容費を削減しようと考える人が多いですが、それは間違いです。必要な部分を削るとストレスが溜まり、思ったように節約することができません。
1番はじめに見直すところは「固定費」、固定費は出費の中でとても大きいとされています。毎月支払うため、少しでも削れると節約効果は大きいでしょう。
特に下記の固定費を見直してみてください。

  • 家賃
  • 水道/光熱費
  • 通信費
  • 保険料

家賃

出費のなかで大きな割合を占めていませんか。
まずは家賃が収入と適しているか確かめましょう。
家賃は収入の4分の1から3分の1以内が理想とされています。家賃が収入の3分の1以上、日々の生活が困難だと考える場合は、引越しも視野にいれましょう。
家賃が少し高めだけど引っ越せないなどの様々な事情があると思います。そんな時は、契約更新を見計らって家賃交渉をする手段もあるのです。

近隣物件の募集条件などをネットで調べるなど交渉に活用できるかもしれません。交渉する時は「住みたい意識を伝えて相談する」気持ちを待って話をしましょう。

水道/光熱費

電力・ガスは自由化になり、使用したい会社を自由に選択できるようになりました。
価格競争などを上手に利用できれば数百円から数千円ほど安くなる企業に乗り換えることができます。お得な企業に乗り換えができれば大きな節約につながるでしょう。

生活スタイルは変更せず、料金を安くすることができるなどのメリットがあります。

古い家電製品を使用している場合は、省エネ家電に切り替えると電気代の削減につながり、環境にも優しいです。
まだ使用できると思ってそのまま買い替えない人もいますが、古い家電を使用し続けると電気代が余計にかかることもあるのです。

通信費

スマートフォンは今ではなくてはならないアイテムとなっているため、一定の通信費が発生します。

大手キャリアも安価プランを提供していますが、通信量をそんなに使っていなければプランを見直してみましょう。毎月の通信費が数千円ほど安くなります。
大手キャリアを利用しない場合は、格安スマホに乗り換えてみてはいかがでしょうか。
毎月の料金が安くなり、機種自体もお得になっており、種類も豊富に揃っています。

保険料

いざという時に保険に入っている人は多いでしょう。
しかし、その保険が本当に必要なのか見直し検討してみてください。

追加オプションがある保険、不要保障プランなど、不要な保険に加入しているかもしれません。
独身で養う人がいない場合は死亡保障は不要です。必要な保険のみをピックアップして加入すると保険料を下げられます。
お時間があるときにでも加入中の保険を確かめてください。

挫折しない節約生活を送るには

節約をする中で、過酷な方法はダイエットと同じで長続きできません。まずは始められそうな項目からスタートして、楽しんで節約できれば挫折することなく長期間続けられるでしょう。
節約術は複数あるため、ひとつできたら次の節約を試し、少しずつ取り組む幅を広げるようにしてください。
節約が好きな人は、目くじら立てて家計のやりくりはしません。頑張るときは力を入れる、つかう時はドーンとお金を使用するなどメリハリをつけると良いです。
楽しみながらムダな部分を削減して、やりたいことをしたり、購入したいものを買うなどして夢を叶えましょう。

まとめ

毎日の生活を振り返ると予想以上に無駄な支出に気付くはずです。節約は毎日の積み重ねが大切なので、我慢することなく出来ることから始めてみましょう。
固定費の見直しができれば大きな節約につながること間違いなしです。まずは、電気やガス会社の切り替えをすると直ぐに効果があらわれます。
家計のやりくり上手な人になるために、効率よく節約をしていきましょう。

 
 
 


COQUELICOT編集部

投稿者プロフィール

編集部では、ライターさんを募集しております!
当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。
Unauthorized copying prohibited.

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめIT記事

  1. 従来、日本での雇用(就職)は、終身雇用で、新卒一括採用、年功序列賃金と併せて「日本型雇用(メンバーシ…
  2. 男性の職業と思われがちなIT業界、少ないですが女性の人数も増えてきています。実は女性が働く場としてI…
  3. パソコンの作業って面倒くさいし時間がかかりますよね。そこで役に立つのが「ショートカットキー」です!使…
  4. いま流行りのアジャイル開発の重要な役割を担う「アジャイルスクラムマスター」になるべくスクラムマスター…
  5. 転職に人気なIT業界の代表的な職業「プログラマー」はプログラムを書く人?システムエンジニア(SE)と…
  6. IT業界では「未経験者可」「未経験者歓迎」という求人が多く出ています。本当に未経験でも大丈夫なのか?…
  7. いま国内外で注目を浴びはじめているビジネスアナリストのための資格CBAP®。合格の難易度が高いのはも…

編集部のおすすめ

  1. データベースエンジニアの需要は高まると言われることもあれば、落ちていくと言われることもあります。なぜ…
  2. スクールで学んだほうがいいか、独学でがんばるのか?プログラミングを学ぶときに必ず出る悩みの1つです。…
  3. 従来、日本での雇用(就職)は、終身雇用で、新卒一括採用、年功序列賃金と併せて「日本型雇用(メンバーシ…
  4. ホームページを作成したいけど何から始めるべきなんだろうって思ったことはありませんか?また、webデザ…
  5. ポイ活アプリを使ってお小遣い程度でいいから貯めたいけど、たくさんある中でどれが一番いいのか分からない…

おすすめライフスタイル

  1. 従来、日本での雇用(就職)は、終身雇用で、新卒一括採用、年功序列賃金と併せて「日本型雇用(メンバーシ…
  2. ポイ活アプリを使ってお小遣い程度でいいから貯めたいけど、たくさんある中でどれが一番いいのか分からない…
  3. セキュリティエンジニアは情報セキュリティに関する技術や知識を使って情報を守ります。具体的には不正アク…
  4. Excelの「マクロ」とは、Excelの作業を自動化させるもの。Excelで同じ作業を頻繁に行うなら…

ピックアップ記事

  1. 簿記とは、家計簿・お小遣い帳と一緒でお金の流れを管理・把握するための手段です。会社で行う簿記とは、最…
  2. 2022年の夏はネオンカラーが流行ってテレビやSNSなどで特集がされることもありました。少し気が早い…
  3. ipadを買うならGoodNotes5は絶対入れるべき!たったの980円でプライベートでも仕事でも大…
  4. 自社でサーバーを持たない企業も増えてきています。しかし、クラウドサービスでITインフラを整えるには専…
ページ上部へ戻る