iDecoとふるさと納税は併用してもいいの?損をするってほんと?

お得に節税できるしくみとして知られる「iDeco」や「ふるさと納税」。

iDecoは運用益が非課税になる、ふるさと納税は節税できる上に返礼品をもらうことができるな、それぞれにお得なメリットがあります。

しかし、ネット上には「iDecoとふるさと納税の併用に注意!」という記事も見られます。制度上併用はできるのでしょうか?

結論から申し上げますと、併用は可能です。

しかし、注意したいのは「iDecoと併用した場合、ふるさと納税の『控除上限額』が下がる」という点。

まずはiDecoとふるさと納税の特徴を踏まえ、詳しく解説していきます。

iDecoとは? 

月々5,000円から始めることができ、老後資金のために活用している方も多いiDeco(イデコ・個人型確定拠出年金)は私的年金の制度です。

自分で申し込み、掛金を拠出し、運用方法を選んで掛金を運用します。 掛金とその運用益との合計額を給付として受け取ることができます。

運用方法は定期預金、保険、投資信託などの中から選ぶことができますが、運用益を出しながら税制メリットを享受できる投資信託を活用している方が多いのではないでしょうか。

掛け金は「小規模企業共済等掛金控除」という所得控除を受けることができます。

通常であれば投資信託などの運用益には約20%の課税がかかりますが、iDecoを利用した場合は非課税になるというお得な制度です。

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、生まれ育った地域や応援したい自治体を自ら選んで寄付することができる制度。寄付した自治体によって様々な返礼品を貰える点が特徴です。

お得なポイントは、「寄付した金額から2,000円を差し引いた額が所得税・住民税から控除される」という点。

寄付金額から2,000円を引いた額は、翌年の税額から控除されます。

つまり、「実質自己負担2,000円で返礼品をもらうことができる」という税制メリットがあるのです。

ここで注意したいポイントは、「控除額の上限が決まっている」という点。

所得額などによって控除額上限があり、上限を超えて寄付した分の金額については自己負担となります。

▼ふるさと納税の詳細記事▼

▼関連記事はこちら▼

併用するときに気をつけたいポイント

iDecoとふるさと納税、どちらも節税のためには役立てたい制度。しかし、「iDecoとふるさと納税を併用すると損」と言われることも。

その理由は、「iDecoの掛け金を所得から控除すると、その分所得税や住民税が小さくなる。そのため、ふるさと納税を自己負担2,000円で活用できる限度額が小さくなる」ということなのです。

iDecoの掛け金は所得控除を受けることができますが、ふるさと納税の控除上限額は課税所得をもとに決定されます。

そのため、iDecoで節税できた分、ふるさと納税を活用できる幅が減るということになるのです。

 

 

併用のメリット

ふるさと納税の控除上限額だけを見ると、併用するにはデメリットが大きいように思えます。しかし、ふるさと納税だけを行う場合と、iDecoとふるさと納税を併用した場合の節税額を比較すると、併用のメリットが見えてきます。

こちらのサイトを活用して、ふるさと納税のみを利用する場合、iDecoと併用する場合のシミュレーションを行なってみました

例)年収400万円/独身

A.ふるさと納税のみを利用する場合

ふるさと納税控除上限額:42,000円

ここから自己負担額2,000円を引くと 42,000-2,000=40,000

よって、節税額は40,000円となります。

B.ふるさと納税とiDecoを併用する場合 (iDecoでは月2万円の積立を想定)

①ふるさと納税の控除額

ふるさと納税控除上限額:36,000円

ここから自己負担額2,000円を引くと 36,000-2,000=34,000

②iDecoの節税額

iDeCoの年間掛金額(所得控除額)×(所得税率+住民税率)

=24万円×(10%+10%)

=48,000円

(※所得税率は課税される所得金額により変動し、ここでは10%と仮定しています。

詳しい所得税率については国税庁のHPをご確認ください。)

ふるさと納税とiDeCoの合計節税額

34,000+48,000=82,000

 

AとBを比較すると、節税額には42,000円の差が生まれることがわかりました。

併用した場合にはふるさと納税の控除上限額は減りますが、iDecoの節税効果と合わせると、併用した方が得られるメリットが大きいことがわかります。

 

まとめ

具体的なシミュレーションを行なってみると、iDeco・ふるさと納税の併用メリットが明確にわかりますね。

上記のサイトなどを活用し、ご自身の年収・家族構成により得られる節税効果を算出してみることをおすすめします。

iDeco・ふるさと納税ともにお得な制度ですので、どちらもうまく活用しながら節税メリットを享受してみませんか?

 

COQUELICOT編集部

投稿者プロフィール

編集部では、ライターさんを募集しております!
当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。
Unauthorized copying prohibited.

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめIT記事

  1. IT業界は労働環境や条件などから、女性が働くには不向きな業界というイメージを持っている人も多いです。…
  2. ショートカットキーとは、マウスを使わずにキーボードをしパソコン仕事をするテクニックです。 「マ…
  3. アジャイルスクラム開発への知識、業務経験のあるエンジニアへの評価が高まっています。また、その存在はI…
  4. IT業界の職種の1つにプログラマーがあります。プログラマーという言葉は聞いたことはあるが、具体的な仕…
  5. エンジニアには専門性の高いスキルが求められるため、未経験者が転職を諦めてしまうこともあります。しかし…
  6. ここ4年ほどで注目が高まってきている資格「CBAP®」はご存じですか? キャリアアップを目指すビジ…

編集部のおすすめ

  1. 『絶対覚えた方がいいExcel関数って何?』 『関数のエラーどうしたらいいの?』 こんな…
  2. デザイン制作や資料作成を行うときにイラストが1つ加わることで華やかになります。 イラスト素材で…
  3. お得に節税できるしくみとして知られる「iDeco」や「ふるさと納税」。 iDecoは運用益が非…
  4. アジャイルスクラム開発への知識、業務経験のあるエンジニアへの評価が高まっています。また、その存在はI…
  5. ふるさと納税とは、自治体に寄付をすることでお礼として自治体の特産品をもらえ、さらに寄付金額によって税…

おすすめライフスタイル

  1. 「Excelマクロってなに?」 「Excelマクロの使い方は?」 「Excelマクロを使うには特…
  2. 血行の流れが悪くなると起きる症状です。体に重要な酸素や栄養素の供給ができない他に、蓄積された老廃物も…
  3. 家事と育児は夫婦で協力する必要があります。しかし、夫が家事も育児も協力してくれなくて苦労しているママ…
  4. 共働きのご家庭では、夫婦で家事を分担していると思いますが「仕事に家事に育児まで・・・」 となる…

ピックアップ記事

  1. 仕事をするのに欠かすことのてきないExcel。 ビジネスシーンで必ず求められるスキルではないでしょ…
  2. ここ4年ほどで注目が高まってきている資格「CBAP®」はご存じですか? キャリアアップを目指すビジ…
  3. 「専業主婦をしているけど資格を取得したい」 「資格を取得して仕事をしたい」 などと考えたことはあ…
  4. 『GoodNotes 5って何?』 『GoodNotes 5で何ができるの?』 『Goo…
ページ上部へ戻る