30代のキャリアアップ転職はここがポイント!好印象を与える面接テクニック

転職のことを考えつつ、「転職したいが失敗したらどうしよう」「求められている能力が自分にあるのか」など悩んだ経験はありませんか?

専門知識やマネジメント歴がある方は知識を活かした転職ができます。また、転職することにより年収や待遇が良くなる場合もあるのです。

転職では各年代で重視する点が異なります。
見られているポイントを把握しないで転職活動を進めれば思うように事が進まない可能性が高いため、事前に把握しておきましょう。

ここでは30代の方に向けた転職率を高めるポイントなどを簡単に紹介します。

転職前に知っておいてほしい現実

知っておいてほしい現実を紹介します。
下記をご覧ください。

年齢を重ねると転職率が下がる

厚生労働省によると、30代転職入職率の割合は20代と比較して大幅に下がっていると発表されています。

30代、40代と年齢を重ねると転職入職率はどんどん下がるため早い段階で転職活動をしましょう。先延ばしにしている方はよく考えて行動に移してみてください。

求められている能力が年代で変わる

20代の転職はポテンシャルなどで採用する場合が多く、30代の転職では専門知識、マネジメント力が求められる傾向にあります。

自身の能力が採用ニーズと一致すれば高評価されるでしょう。持っている能力などを存分に発揮できるポジションに配属され、転職後はキャリアを伸ばせます。

前職での実績や貢献などプラスαとなる強みがあると転職がスムーズに進むでしょう。

未経験職種への転職は難しい

未経験職種の転職はかなり厳しいのが現実です。
30代での応募となると、企業側は即戦力になる候補者を見ている可能性が高いからです。

反対に、「転職できた」「難しく感じなかったら」などの意見もあるため、アピールの仕方によっては未経験からの転職も不可能ではありません。

メリット&デメリット

30代での転職は良いことばかりではありません。本格的に転職活動をするのであれば転職するメリット、デメリットを把握しておきましょう。

メリット

経験や知識を活かせる

ビジネスパーソンとしてキャリアを積んでいる方が多いです。そのため、いままでの経験、知識を転職活動に活かせます。

適応力、即戦力、マネジメント力、ビジネスマナー、プレゼン力などがあれば重宝されるでしょう。中途採用をしているほとんどの企業は、会社に貢献できそうな経験、知識を持つ人材を探しているのです。

#給料、ポジションが上がる可能性が高まる

経験、知識によっては給料やポジションアップが期待できるでしょう。求めている能力が企業ニーズと一致すれば、採用される確率は高くなります。

今の会社で昇給・昇格の見込みがない方にとって転職は経験、知識を活かせるチャンスなのです。

リーダーや幹部などのニーズがある

適応力、即戦力、マネジメント力のスキルがあれば、リーダー・幹部などのニーズが高まります。前職で実績がない場合でも、転職して管理職のポジションが与えられれば、キャリアを積むことが可能です。

経験、知識が少ない20代と比べ、転職後にいいポジションを与えられる点などが30代の転職でのメリットと言えるのではないでしょうか。

デメリット

0からのキャリア形成

デメリットは0からキャリア形成となるため、難しい点とされています。

20代の転職は、やる気・伸びしろ等に期待し育成をはかる企業が多いです。若く吸収力が優れている人材を求めているため、学ぶ環境が整っています。

30代は一般的に教育が終了している場合が多く、0から教育をする企業は少ないでしょう。しかし30代は即戦力のニーズが高く、未経験の職種に転職、0からスタートすることは難しいでしょう。

未経験の業種に転職を考えている場合、若い人材と競う覚悟をしておきましょう。

求人数が少なくなる

20代と比較して、応募求人や採用人数が減り、30代後半には求人数が大幅に少なくなる傾向があると言われています。多くの企業が求めているのは経験、スキルがあり役職や管理職を任せられる人材です。

役職・管理職ポストは少なく、採用される人数は応募に対して少数です。管理職が空いても、もちあがりでポストが埋まる可能性もあるため、求人をださない企業もあるのです。

一般社員、新人の場合は、教育しがいのある若い人材が求められています。企業のニーズに一致する経験、知識がないと転職は難しいとされています。

異業種に転職すると年収がさがる

異職種に転職すると今までの経験・知識を活かせず、年収が下がる恐れがあります。

給料を下げたくない方は、経験・スキルを活かせる職業に転職してください。年収が下がると私生活にも影響がでます。そのため、入社後のキャリアプラン、目標を事前に立てておくことも大切になります。

面接でアピールする点

即戦力として知識など発揮できるか

採用で最も重きを置かれているのが「どんな業務に取組み、経験、知識を身につけたか」です。業界、職種で活かせる経験や知識があればアピールしましょう。また、リーダー・マネジメント経験がある方は必ずアピールしてください。

自分の経験に自信がなく、面接で言いだせない方がいますが、自身のキャリアを見直して過去の成功、失敗から学習した点を整理すれば必ず強みがみつかります。

モチベーションの原点

企業から仕事に対してのスタンスを聞かれることはよくあります。企業は候補者の考え方を知りたいのです。働くモチベーションには何かしらの原点や体験があります。

育った環境、家族、親友などを通じて得た価値観や経験など、人生を通して働きたいと思った体験・経験を探してみましょう。整理して相手にわかる様に伝えることができれば説得力があるアピールになること間違いなしです。

まとめ


30代になると経験や知識が増えます。リーダー・マネジャーを経験する方もいるでしょう。30代での転職では即戦力が期待される傾向があり、主観的な自己PRより経験や知識が重視されるのでます。

職務経歴書には、どのような企業で何の仕事をしていたのか、自身のキャリアを簡潔に伝えましょう。


COQUELICOT編集部

投稿者プロフィール

編集部では、ライターさんを募集しております!
当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。
Unauthorized copying prohibited.

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめIT記事

  1. 従来、日本での雇用(就職)は、終身雇用で、新卒一括採用、年功序列賃金と併せて「日本型雇用(メンバーシ…
  2. 男性の職業と思われがちなIT業界、少ないですが女性の人数も増えてきています。実は女性が働く場としてI…
  3. パソコンの作業って面倒くさいし時間がかかりますよね。そこで役に立つのが「ショートカットキー」です!使…
  4. いま流行りのアジャイル開発の重要な役割を担う「アジャイルスクラムマスター」になるべくスクラムマスター…
  5. 転職に人気なIT業界の代表的な職業「プログラマー」はプログラムを書く人?システムエンジニア(SE)と…
  6. IT業界では「未経験者可」「未経験者歓迎」という求人が多く出ています。本当に未経験でも大丈夫なのか?…
  7. いま国内外で注目を浴びはじめているビジネスアナリストのための資格CBAP®。合格の難易度が高いのはも…

編集部のおすすめ

  1. データベースエンジニアの需要は高まると言われることもあれば、落ちていくと言われることもあります。なぜ…
  2. スクールで学んだほうがいいか、独学でがんばるのか?プログラミングを学ぶときに必ず出る悩みの1つです。…
  3. 従来、日本での雇用(就職)は、終身雇用で、新卒一括採用、年功序列賃金と併せて「日本型雇用(メンバーシ…
  4. ホームページを作成したいけど何から始めるべきなんだろうって思ったことはありませんか?また、webデザ…
  5. ポイ活アプリを使ってお小遣い程度でいいから貯めたいけど、たくさんある中でどれが一番いいのか分からない…

おすすめライフスタイル

  1. 従来、日本での雇用(就職)は、終身雇用で、新卒一括採用、年功序列賃金と併せて「日本型雇用(メンバーシ…
  2. ポイ活アプリを使ってお小遣い程度でいいから貯めたいけど、たくさんある中でどれが一番いいのか分からない…
  3. セキュリティエンジニアは情報セキュリティに関する技術や知識を使って情報を守ります。具体的には不正アク…
  4. Excelの「マクロ」とは、Excelの作業を自動化させるもの。Excelで同じ作業を頻繁に行うなら…

ピックアップ記事

  1. 2022年の夏はネオンカラーが流行ってテレビやSNSなどで特集がされることもありました。少し気が早い…
  2. ipadを買うならGoodNotes5は絶対入れるべき!たったの980円でプライベートでも仕事でも大…
  3. 簿記とは、家計簿・お小遣い帳と一緒でお金の流れを管理・把握するための手段です。会社で行う簿記とは、最…
  4. データベースエンジニアの需要は高まると言われることもあれば、落ちていくと言われることもあります。なぜ…
ページ上部へ戻る