手に職つけたい主婦におすすめの資格8選!

「主婦をしているけど資格を取得したい」
「資格を取得して仕事をしたい」
などと考えたことはありませんか?

短期間や独学で習得でき、仕事に役立つ資格は数多くあります。その中には、高額な収入が得られ、長期間役立つ資格もあるのです。

今回は、仕事で活かせるおすすめの資格をご紹介します。

資格を取得したい方や主婦をしながら仕事をしたい方は是非チェックしてみてください。今までの生活の幅が変わるかもしれません。

資格を選ぶときに重要視する点

手に職をつけたいと考えている人は資格を取得しましょう。
数多くの資格があり、選び方などがわからない人は少なくありません。そこで、資格選びに重要視してほしい点をまとめました。

①成長が見込まれる業界で必要な資格を選ぶ

資格を選ぶときには、資格を活用できる業種や企業などを調べておきましょう。
将来性を考えたときに衰退する傾向がある業種だと役立たない場合がでてくるため、避けたほうがいいです。

近年ではIT化・ロボット化が進み、今後も進歩していくでしょう。などの点から衰退する業種、成長する業種が区別されます。業種を誤ると長く資格を活かせなくなるため気をつけましょう。IT化・ロボット化に適さない業種を選択すれば、安定的に仕事ができる割合が高くなります。

今だけを見据えないで、将来のことも考えながら資格を選びましょう。

②仕事とプライベートを両立できる企業に必要な資格を選ぶ

育休制度は多くの企業で導入され、育児を支援する環境が広がっています。資格を効果的に使い長期間勤務するには、結婚・子育てに理解がある企業を見つけることです。子育てとの両立は大変ですので、長い時間働く仕事は避けましょう。

資格などがあれば、一旦仕事を辞めたとしても生活リズムに合わせて復帰が可能です。プライベートなどのことも考え、長く仕事で活かせる資格を選びましょう。

③長く取り組める資格を選ぶ

将来を見据えて選んだ資格でも興味や関心がない内容だと勉強のやる気が低下する恐れがあります。資格取得には長い時間がかかる場合があり、途中で挫折する人もいます。資格を取得したいと考えたら、興味や関心が高い資格を選びましょう。

結婚・子育てなど両立をしながら仕事に活かせる資格は少なくありません。自分が関心をもてる資格を選択すれば、積極的に勉強ができます。興味や関心があれば、仕事をスタートしてからも意欲的に仕事に取り組めます。

 

主婦におすすめの資格 8選!

「安定した業種で働くにはどんな資格がいいの?」
と思う方は少なくありません。

ここでは、主婦におすすめの資格を解説します。

資格選びをするときに重要視する点はいくつかありますが、その中でも大切なのは「生活スタイルまたは目的で資格選ぶ」ことが重要です。

特徴などを簡潔に解説しますので、是非チェックしてみてください。

①看護師

看護師は病院の他に下記の場所で活躍しています。
・介護施設
・企業
・イベント会場

厚生労働省によると、看護師が減少傾向にあり年々人手不足が深刻化していると発表しました。

人材を募集しているため、看護師になると就職または転職に困らないことがわかります。給与も一般的に高いとされ、安定した収入を得たい方に最適です。

看護師になるためには、看護学校に2-4年ほど通学するため、資格取得までは時間がかかります。時間・お金に余裕がないと目指すことは難しいでしょう。

②医療事務

医療事務とは医療機関で下記の仕事をする人をいいます。
・受付
・会計
・接客

年齢を問わないことや未経験でも募集している病院があるため、近年人気となっています。

医療事務は資格なしでも勤務は可能ですが、一般的には「医療事務技能審査試験」などの資格を得てから就職します。

難易度も高くないため、将来性や長期間勤務できる業種として注目されています。給料は一般的に低いですが、就職または転職に役立つ資格だと考えておきましょう。

③登録販売者

登録販売者は、ドラッグストアなどで勤務するときに役立つ資格で、業務は医薬品の販売が主になります。登録販売者は下記の販売ができます。
・第二類医薬品
・第三類医薬品

薬の副作用または効能など適切な意見を求められる仕事です。合格率は低く、試験の詳細は各都道府県・年度でことなるため、合格率にばらつきがあります。

④ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、夢または目標を実現できるように最適な資金計画などを提案する人です。下記の知識が求められます。
・金融
・税制
・不動産
・保険
・教育資金

複数の資格が存在しますが、1番有名な資格は「FP技能検定(国家資格)」です。

資格を取得していると、保険企業または不動産企業などの就職・転職に役立ち、その他に金融機関・一般企業などの経理事務でも活かせます。

家計管理にも役立つ資格ですので、興味や関心がある方はチェックしてみてください。

⑤ネイリスト

ネイリストとは、爪の美容・爪のお手入れ・つけ爪の施術・爪に装飾をほどこす人をいいます。世界的ではマニキュアリストまたはネイルテクニシャンと親しまれています。

ネイリストのメリットは下記の通りです。
・知人などにネイルをしてあげられる
・オシャレができる
・在宅での開業ができる
・ネイルの知識などが習得できる
・交友関係を広げられる
・ママ友や友達同士でネイルを楽しめる
・自分磨きができる

⑥簿記3級

簿記は、帳簿をつけるときに必要な知識があると証明する資格です。

簿記3級は「経理」「会計」の基礎があることを示しています。一般的に合格しやすく、社会生活においての基礎が学べます。履歴書に記入すると就職や転職に役立ちます。

簿記3級のメリットは下記の通りです。
・就職や転職に役立つ
・将来性を見据えて長く使える
・簿記2級への1歩

⑦食生活アドバイザー

食生活アドバイザーとは、食生活をみてアドバイスするスペシャリストです。
生活習慣をみて健康的な食生活に改善するアドバイスを行います。下記の場面でも活かせる資格となります。
・医療機関
・福祉施設
・学校
・食品メーカー など

その他にも専門的な知識は家族や自分を守るためにも活かせます。

⑧整理収納アドバイザー

整理収納アドバイザーとは、整理または収納において専門的な知識をもった人のことです。

「3級」「2級」「準1級」「1級」とあり、1級の場合は2次試験まであります。1級合格後は整理収納コンサルタントなどの資格に挑戦できるのです。仕事で役立つ資格を得たいのだあれば上位資格を取得しましょう。

まとめ

今回は、手に職をつけたい主婦におすすめの資格をご紹介しました。

数多くの資格がありますが、その中には独学や短期間で学べる資格もあります。仕事に活かせる資格を取得すれば、就職する際に役立ちます。

 

中には、高収入や長期間役立つ資格などもあるため、将来を見据えて取得する方もいるのです。

自分にあった資格を取得しましょう!

おすすめの資格
・看護師
・医療事務
・登録販売者
・ファイナンシャルプランナー
・ネイリスト
・簿記3級
・食生活アドバイザー
・整理収納アドバイザー

COQUELICOT編集部

投稿者プロフィール

編集部では、ライターさんを募集しております!
当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。
Unauthorized copying prohibited.

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめIT記事

  1. スクラム開発への知識、業務経験のあるエンジニアへの評価が高まっています。また、その存在はIT分野に限…
  2. IT業界の職種の1つにプログラマーがあります。プログラマーという言葉は聞いたことはあるが、具体的な仕…
  3. エンジニアには専門性の高いスキルが求められるため、未経験者が転職を諦めてしまうこともあります。しかし…

編集部のおすすめ

  1. ふるさと納税とは、自治体に寄付をすることでお礼として自治体の特産品をもらえ、さらに寄付金額によって税…
  2. コロナ渦や在宅勤務で自宅にいる時間が 多くなった人はどのくらいいますか? そんな時ほど新しい…
  3. 妊娠や出産は保険適応外のため、費用は自己負担になります。妊娠や出産にはお金がかかるため、不安に思う人…

ピックアップ

  1. 一年に一度のクリスマス。 皆さんはどのようにお過ごしになりますか?? 人気のレストランで…
  2. 「ふるさと納税って聞いたことはあるけど、いまいち仕組みがわからない」「地方のお肉やお魚をもらえるのは…
  3. 運動が苦手な人でも手軽に始められるウォーキング。お手持ちのスニーカーを履けばすぐに実践できるため、ア…
  4. ここ4年ほどで注目が高まってきている資格「CBAP®」はご存じですか? キャリアアップを目指すビジ…

会員情報

ピックアップ記事

  1. 一年に一度のクリスマス。 皆さんはどのようにお過ごしになりますか?? 人気のレストランで…
  2. 「ふるさと納税って聞いたことはあるけど、いまいち仕組みがわからない」「地方のお肉やお魚をもらえるのは…
  3. ここ4年ほどで注目が高まってきている資格「CBAP®」はご存じですか? キャリアアップを目指すビジ…
  4. 運動が苦手な人でも手軽に始められるウォーキング。お手持ちのスニーカーを履けばすぐに実践できるため、ア…
ページ上部へ戻る