取ってよかった!「ファイナンシャルプランナー」お金の専門家になろう!

FPという略称でも呼ばれている「ファイナンシャル・プランナー」。学生や社会人の方にも人気の資格で、書店には様々な種類の参考書が並んでいます。

しかし、「具体的に何をする職業なのか?」「資格を持っていることで就職に有利になるのか?」「どうやって資格取得するのか?」・・・など、馴染みのない方には見えづらい部分もあるのではないでしょうか。

今回はそんな「ファイナンシャル・プランナーの資格」について解説していきます。

ファイナンシャル・プランナーとは?

日本FP協会によると、ファイナンシャル・プランナー(以下FP)とは「家計のホームドクター」。

みなさんの将来の夢や目標に対して、具体的に必要な資金の計算、収支の見直し、貯蓄プランの設計などについてアドバイスを行い、お金の面で人生設計をサポートしてくれるのがFPです。

人生の中では何をするにしてもお金が必要ですよね。そんな中でも、FPが扱うのは以下の6分野です。

・ライフプランニングと資金計画

・リスクマネジメント(生命保険・損害保険)

・金融資産運用

・タックスプランニング(税金)

・不動産運用設計

・相続・事業承継

資格の種類

ファイナンシャル・プランナーの資格にもいくつかの種類があり、その難易度は様々。「FP技能士」「AFP」「CFP」の3種類に分けて紹介していきます。

FP技能士(ファイナンシャルプランニング技能士)

NPO法人日本FP(ファイナンシャルプランナーズ)協会と一般社団法人金融財政事情研究会(きんざい)が実施する国家試験。難易度別に1級〜3級と分かれており、3級は入門的な内容になっています。2級以上を取得すると仕事にも活かすことが可能と言われています。

FP技能士資格の特徴は、他の民間資格とは異なり資格の有効期限が無いこと。一度取得すれば更新の必要はありません。

金融機関や保険会社の中には、従業員にFP2級の取得を義務付けている企業もあります。

AFP(アフィリエイテッド・ファイナンシャルプランナー)

日本FP協会が認定している民間資格。国内に約16万人の有資格者がいます。

資格取得にはFP技能士検定2級の合格に加えて、AFP認定研修を受講することが求められています。取得難易度はFP技能士2級と同程度。

こちらは2年ごとに更新する必要があります。時代に応じて変化する経済状況や制度をよく理解し、継続的に新しいスキルを身に着ける必要があると言えるでしょう。

CFP(サーティファイド・ファイナンシャルプランナー)

AFPと同じく、日本FP協会が認定している民間資格。

CFPは世界水準の資格であり、世界25の国と地域(2020年8月現在)で認められています。AFPよりも上級の資格であり、資格取得には以下の条件が必要となります。

・AFP資格認定者であること

・CFP資格審査試験6課目全てに合格すること(1課目ごとに合格しても可)

・CFPエントリー研修を受講・修了すること

・通算で3年以上の実務経験があること

活かせる職業

FP技能士3級は基礎的な内容になるため、就職や転職に活かすことを目的として取得されるのであればFP技能士2級以上の取得を目指すことをおすすめします。

お金に関する業務はどの企業でも発生するため、就職の際のアピール材料になることは間違いなし。お金に関する知識そのものだけでなく、「資格取得のために自ら継続的に学習できる姿勢」「一般常識があること」など、資格取得に関係する資質の部分でも自らのアピール材料になりそうですね。

特に銀行や証券会社などの金融機関、保険会社などへの就職・転職を目指している方には特にFP資格取得はおすすめです。これらの業界では入社後にFP資格の取得を義務づけられているところも多く、入社前に取得していれば即戦力として採用を検討してもらえる可能性もあります。

取得するメリット

FP資格は仕事に活かせることはもちろん、お金に関する知識を得ることで自分自身の財産になること間違いなし。

老後資金として2000万円が必要と言われる今、老後資金をどのようにして貯めるか、その手段として有効なものは何か、投資信託などは何を基準に選べばよいか…など、お金に関する悩みは常についてくるもの。

そんな時に自分を助けてくれるのがFPの知識。自分自身の収入や家族構成、将来の目標などを総合して、自らのライフプランニングを行う力が身につきます。

まとめ

仕事に有利なだけでなく、自分自身の人生設計にも役立つFP資格。お金に関する知識は身につけておいて損はありません。興味のある方は、まずはFP技能士3級の参考書などを見てみることをおすすめします!お金の知識を身につけて、自分自身の生活を豊かなものにしてみませんか?



COQUELICOT編集部

投稿者プロフィール

編集部では、ライターさんを募集しております!
当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。
Unauthorized copying prohibited.

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめIT記事

  1. スクラム開発への知識、業務経験のあるエンジニアへの評価が高まっています。また、その存在はIT分野に限…
  2. IT業界の職種の1つにプログラマーがあります。プログラマーという言葉は聞いたことはあるが、具体的な仕…
  3. エンジニアには専門性の高いスキルが求められるため、未経験者が転職を諦めてしまうこともあります。しかし…

編集部のおすすめ

  1. ふるさと納税とは、自治体に寄付をすることでお礼として自治体の特産品をもらえ、さらに寄付金額によって税…
  2. コロナ渦や在宅勤務で自宅にいる時間が 多くなった人はどのくらいいますか? そんな時ほど新しい…
  3. 妊娠や出産は保険適応外のため、費用は自己負担になります。妊娠や出産にはお金がかかるため、不安に思う人…

ピックアップ

  1. 一年に一度のクリスマス。 皆さんはどのようにお過ごしになりますか?? 人気のレストランで…
  2. 「ふるさと納税って聞いたことはあるけど、いまいち仕組みがわからない」「地方のお肉やお魚をもらえるのは…
  3. 運動が苦手な人でも手軽に始められるウォーキング。お手持ちのスニーカーを履けばすぐに実践できるため、ア…
  4. ここ4年ほどで注目が高まってきている資格「CBAP®」はご存じですか? キャリアアップを目指すビジ…

会員情報

ピックアップ記事

  1. 運動が苦手な人でも手軽に始められるウォーキング。お手持ちのスニーカーを履けばすぐに実践できるため、ア…
  2. 「ふるさと納税って聞いたことはあるけど、いまいち仕組みがわからない」「地方のお肉やお魚をもらえるのは…
  3. ここ4年ほどで注目が高まってきている資格「CBAP®」はご存じですか? キャリアアップを目指すビジ…
  4. 一年に一度のクリスマス。 皆さんはどのようにお過ごしになりますか?? 人気のレストランで…
ページ上部へ戻る