ワーキングママのワンオペ育児を終わらせる、夫が進んで協力してくれるコツ

家事と育児は夫婦で協力する必要があります。しかし、夫が家事も育児も協力してくれなくて苦労しているママがいます。さらに、家事と育児に加えて仕事をしているママもいます。

1人で仕事、家事、育児をこなすことは負担が大きすぎるため、夫に家事と育児してもらいましょう。ただし、夫の重い腰を上げさせるにはいくつかのコツがあります。そのコツを把握して、夫が進んで協力してくれる状況に誘導しましょう。

ママのワンオペ育児になる理由

仕事、家事、育児を1人でこなすことが大変なのは夫も理解をしているはずです。それでも夫が協力してくれず、ママのワンオペ育児となってしまうことには、いくつかの理由が考えられます。まずはその理由を把握しましょう。

母親がワンオペ育児をしていた

夫の母がワンオペ育児をしていた場合、家事や育児はママがするものという考え方を持っている可能性があります。また、その考えを持っていることで、家事や育児をママに任せることが悪いことと思っていない場合もあります。

そのため、夫にはママと夫の母親では家事や育児のやり方や、考え方などを理解してもらう必要があるでしょう。

協力していると思い込んでいる

子供をお風呂に入れたり、オムツの交換などをしてくれる夫もいます。しかし、これらは忙しい家事や育児のわずか一部のことです。その一部のことだけをやって、自分は育児に協力していると思い込んでいる夫もいます。このようなタイプの夫は家事や育児の大変さを理解してもらう必要があるでしょう。

家事や育児の方法がわからない

仕事をしながら、家事や育児をする大変さを理解してくれている夫もいます。しかし、料理や洗濯、子供の面倒の見方などが全然わからず、何をすれば良いのかわからないという夫もいます。

また、無理に手伝って家事や育児のやり方を間違ってしまうと、ママの仕事を増やしてしまうと思って身を引いている場合もあります。

このようなタイプの夫は協力したい気持ちは持ってくれているため、家事や育児を覚えてもらえるようにママの方も夫を手助けしてあげましょう。

夫に家事や育児を協力してもらうコツ

ワーキングママのワンオペ育児を終わらせるには、夫が協力をしてくれれば解決します。しかし、あまりストレートに感情をぶつけてしまうと夫と衝突を起こしてしまう可能性があります。

そのため、ママは夫が自然と協力してくれるように、うまく立ち回って家事や育児に誘導してあげましょう。また、夫を家事や育児にうまく誘導できるようにコツを押さえておきましょう。

やって欲しいことを伝える

夫が家事や育児のやり方がわからなかったり、間違った方法で手伝わないようにしていることで、ママがワンオペ育児をする状況となっている場合があります。

このような場合、夫には協力をする気持ちはあるため、何をして欲しいのか、どうやって欲しいのかなど、具体的にやって欲しいことを伝えてあげるようにしましょう。

やるべきことがわかれば、夫は手伝いやすくなります。また、ママを手伝っているうちに、ママが何をして欲しいのかを理解できるようになり、進んで手伝ってくれるようになることもあります。

育メンに会わせる

夫は自分が家事や育児に協力的と思い込んでいる場合があります。そのような場合は本当の育メンに会わせてあげましょう。本当の育メンがどれだけ家事や育児に協力をしているか、見たり、聞いたりなどすれば、自分の認識が甘さを知ってもらうことができます。

夫が認識の甘さを理解してくれれば、もっと協力しないといけないと思って、進んで家事や育児を手伝ってくれるようになるでしょう。

家事と育児を丸投げしてみる

夫は家事や育児の大変さを理解していない場合があります。そのため、夫にその大変さを理解してもらえるように、1日だけでも家事や育児を丸投げしてみましょう。

家事や育児の大変さを身を持って知ることで、ママの苦労を理解して、家事や育児に協力的になってくれる場合があります。また、夫に家事や育児を丸投げする日は、ママが仕事のない日にして、ゆっくりと休養させてもらいましょう。

家事と育児について話し合う

どのような対策をしても夫が家事や育児に協力的になってくれない場合には、2人で話し合って、ママの気持ちをストレートに伝えるしかありません。

仕事をしながらワンオペ育児をしている状況が辛いことを夫に理解してもらえれば、家事や育児に協力してもらえるようになるでしょう。

ただし、一方的にママの意見を押し付けたり、感情を強くぶつけてしまうと、夫と衝突を起こしてしまう可能性があります。そのため、あくまでも話し合いとして、両者の意見を確認して、2人で解決策を見つけるようにしましょう。

どうしてもワンオペ育児を解決できない場合

夫と話し合いをしてもワンオペ育児が解決しない場合もあるでしょう。しかし、ワンオペ育児をしながら仕事までする状況が続いてしまうと、ママの心身が疲弊してしまいます。そのため、夫の協力が期待できない場合は、別の方法でワンオペ育児の解決を目指すようにしましょう。

夫以外に頼る

夫が家事や育児に協力してくれないのであれば、親戚に子供の面倒を見てもらったり、友人に愚痴を聞いてもらったりなど、夫以外に頼れる人を見つけておきましょう。頼れる人がいれば、ママの心身の負担を少し和らげることができます。

また、仕事とワンオペ育児の負担が大き過ぎる場合には、家事代行やベビーシッターなどのサービスの利用も検討しましょう。

転職を検討する

仕事とワンオペ育児の負担が大き過ぎる場合には、転職をして労働環境を変えることも検討しましょう。勤務時間を変えたり、出勤日数を減らしたりなどすることで、家事や育児に対応できるようになります。転職をしたくない場合には、職場に時短勤務などに変えられないか相談してみましょう。

ワンオペ育児を終わらせよう

仕事をしながらワンオペ育児まですることはママの負担が大き過ぎます。必ず夫に協力してもらうようにしましょう。夫に協力をしてもらえれば、ママの負担が軽くなることで、きっと仕事も、育児も充実感を得られるようになるでしょう。

 


<!–

–>

COQUELICOT編集部

投稿者プロフィール

編集部では、ライターさんを募集しております!
当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。
Unauthorized copying prohibited.

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめIT記事

  1. IT業界は労働環境や条件などから、女性が働くには不向きな業界というイメージを持っている人も多いです。…
  2. 『独学でWebデザインってどうやって学べばいいの?』 『独学でWebデザインの勉強を始めたけど…
  3. ショートカットキーとは、マウスを使わずにキーボードをしパソコン仕事をするテクニックです。 「マ…
  4. アジャイルスクラム開発への知識、業務経験のあるエンジニアへの評価が高まっています。また、その存在はI…
  5. IT業界の職種の1つにプログラマーがあります。プログラマーという言葉は聞いたことはあるが、具体的な仕…
  6. エンジニアには専門性の高いスキルが求められるため、未経験者が転職を諦めてしまうこともあります。しかし…
  7. ここ4年ほどで注目が高まってきている資格「CBAP®」はご存じですか? キャリアアップを目指すビジ…

編集部のおすすめ

  1. ふるさと納税とは、自治体に寄付をすることでお礼として自治体の特産品をもらえ、さらに寄付金額によって税…
  2. コロナ渦や在宅勤務で自宅にいる時間が 多くなった人はどのくらいいますか? そんな時ほど新しい…
  3. 妊娠や出産は保険適応外のため、費用は自己負担になります。妊娠や出産にはお金がかかるため、不安に思う人…
  4. 運動が苦手な人でも手軽に始められるウォーキング。お手持ちのスニーカーを履けばすぐに実践できるため、ア…
  5. ここ4年ほどで注目が高まってきている資格「CBAP®」はご存じですか? キャリアアップを目指すビジ…

ピックアップ

  1. 筋肉を付けたり、ダイエットなどのために筋トレをする人は多くいます。しかし、筋トレはこれらの体作りに関…
  2. お得に節税できるしくみとして知られる「iDeco」や「ふるさと納税」。 iDecoは運用益が非…
  3. アジャイルスクラム開発への知識、業務経験のあるエンジニアへの評価が高まっています。また、その存在はI…
  4. 「主婦をしているけど資格を取得したい」 「資格を取得して仕事をしたい」 などと考えたことはありま…

会員情報

ピックアップ記事

  1. アジャイルスクラム開発への知識、業務経験のあるエンジニアへの評価が高まっています。また、その存在はI…
  2. お得に節税できるしくみとして知られる「iDeco」や「ふるさと納税」。 iDecoは運用益が非…
  3. 「主婦をしているけど資格を取得したい」 「資格を取得して仕事をしたい」 などと考えたことはありま…
  4. 筋肉を付けたり、ダイエットなどのために筋トレをする人は多くいます。しかし、筋トレはこれらの体作りに関…
ページ上部へ戻る