無理に両立させなくても良い?子育てを理由に仕事を辞めるメリットとデメリット

子育てに集中するために仕事を辞めるべきか、後のキャリアアップや収入などの理由で仕事を続けるべきか悩んでしまう人がいます。その際に、仕事を辞めるべきかどうかを判断するためにも、子育てを理由に仕事を辞めた際のメリットとデメリットを知っておきましょう。

子育てと仕事は無理に両立する必要はない

退職を検討する際に、職場に迷惑かけることや収入が減って家族に不便をかけることなどを気にして、後ろめたさを感じてしまう人がいます。しかし、子育てと仕事は必ず両立させなければいけないものではありません。

もし、無理に子育てと仕事を両立させようとすると、その忙しさから体力的にも、精神的にも大きな負担がかかってしまいます。心身を疲弊させてしまうと、子育ても仕事もうまくいかなくなってしまう可能性があるため、子育てを理由に退職することも選択肢の1つとして含めておきましょう。

子育てを理由に仕事を辞めるメリットとは?

仕事を辞めることに対して後ろめたさや不安などを感じてしまう人もいます。しかし、無理に仕事を続けるよりも、仕事を辞めて子育てに集中することで得られるメリットもあります。そのメリットを把握して、仕事を辞めるかどうかの判断材料にしましょう。

体力や精神の負担を軽減できる

子育てと仕事を両立させた場合、1日にやるべきことが多すぎて、睡眠時間も十分に確保できなくなる場合があります。また、子育てや仕事ではストレスを感じる場面も多くあります。そのため、子育てと仕事の両方を続けるうちに体力的にも、精神的にも限界を感じてしまう人も多いです。

しかし、仕事を辞めれば、これまで仕事に使っていた時間を子育てに使うことができ、仕事で受けるストレスもなくなります。時間と気持ちにゆとりができることで、子育てにもゆとりを持って取り組めるようになるでしょう。

子供と過ごす時間が増やせる

子供の成長は早いため、一緒に過ごす時間が短いと、大切な子供の成長を見逃す原因となってしまう場合があります。また、子供と接する時間が短いことで、子供の体調不良や子供が悩みを抱えているなどのサインを見逃してしまう可能性もあります。

しかし、仕事を辞めれば、子供と過ごす時間を増やすことができ、接する時間も長くなるため、子供のちょっとした変化にも気がつきやすくなるでしょう。ちょっとした変化に気がつけることで、子供に辛い思いや寂しい思いなどをさせなくてもよくなります。

自分の時間が確保できる

子育てと仕事の両方をしていると、これらをこなすだけで1日が終わってしまい、自分の時間が確保できないという人も多いでしょう。しかし、仕事を辞めれば子育てに使える時間を増やすことができ、余った時間を自分の時間として使うこともできます。

自分の時間が確保できることで、子育ての疲れを癒すために睡眠時間を取ったり、ストレスの発散のために趣味に時間を使ったりなどが可能となり、体力や精神のバランスがコントロールしやすくなります。

子育てを理由に仕事を辞めるデメリットとは?

子育てをする際に仕事を辞めることで得られるメリットはあります。しかし、子育てを理由に仕事を辞めることにはデメリットもあります。そのため、仕事を辞める判断材料にはデメリットも含めておかなければなりません。

家庭の収入が減る

これまで共働きであった家庭であれば、仕事を辞めることで家庭の収入が減ってしまうことになります。もし、これまで共働きだったからこそ生活ができていたという家庭であれば、収入が減っても生活ができるように生活水準を落としたり、ローンの返済計画や加入している保険の見直しなどが必要になる場合もあるでしょう。

また、子育てが落ち着いてから再就職を考えている人もいますが、ブランクができたことで以前と同じようなポジションで仕事ができない可能性についても把握しておかなければなりません。

子育てを負担に感じるようになる

子育てを理由に仕事を辞める目的は、子育てに集中することです。そのため、共働きのときは育児や家事をパートナーと役割分担をしてこなしていた場合、仕事を辞めてからは育児の多くを自分でやることになるでしょう。場合によっては、育児を丸投げにされてしまう可能性もあります。

1人で子育てに向き合うことに不安や孤独を感じたり、子育てを負担に感じるようになってしまう人もいるため注意が必要です。

子育てと仕事の両立を目指すしたい場合には

もし、子育てと仕事の両方を行う場合、仕事をしていることで子育てに使える時間には限りができます。そのため、家族で子育てや家事を分担したり、困ったときには親戚や知人に協力してもらえるようにお願いしておきましょう。

また、現在ではテレワークや時短勤務などの子育てに適した働き方や、児童手当や育児休業制度などの子育て支援制度もあります。子育ての環境は人によって異なるため、自分に適した働き方を見つけ、制度を活用することなども子育てと仕事の両立には重要です。

自分に合った子育てをしよう

子育てを理由に仕事を辞めることに後ろめたさを感じる人もいます。しかし、無理に子育てと仕事の両立をする必要はありません。子育てと仕事の環境や条件は人によって異なり、中には仕事を辞めて子育てに集中した方が合っている人もいます。自分に合った子育てを判断するためにも、仕事を辞めるメリットやデメリットを事前に把握しておくようにしましょう。

▼関連記事はこちら▼


COQUELICOT編集部

投稿者プロフィール

編集部では、ライターさんを募集しております!
当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。
Unauthorized copying prohibited.

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめIT記事

  1. スクラム開発への知識、業務経験のあるエンジニアへの評価が高まっています。また、その存在はIT分野に限…
  2. IT業界の職種の1つにプログラマーがあります。プログラマーという言葉は聞いたことはあるが、具体的な仕…
  3. エンジニアには専門性の高いスキルが求められるため、未経験者が転職を諦めてしまうこともあります。しかし…

編集部のおすすめ

  1. ふるさと納税とは、自治体に寄付をすることでお礼として自治体の特産品をもらえ、さらに寄付金額によって税…
  2. コロナ渦や在宅勤務で自宅にいる時間が 多くなった人はどのくらいいますか? そんな時ほど新しい…
  3. 妊娠や出産は保険適応外のため、費用は自己負担になります。妊娠や出産にはお金がかかるため、不安に思う人…

ピックアップ

  1. 一年に一度のクリスマス。 皆さんはどのようにお過ごしになりますか?? 人気のレストランで…
  2. 「ふるさと納税って聞いたことはあるけど、いまいち仕組みがわからない」「地方のお肉やお魚をもらえるのは…
  3. 運動が苦手な人でも手軽に始められるウォーキング。お手持ちのスニーカーを履けばすぐに実践できるため、ア…
  4. ここ4年ほどで注目が高まってきている資格「CBAP®」はご存じですか? キャリアアップを目指すビジ…

会員情報

ピックアップ記事

  1. 「ふるさと納税って聞いたことはあるけど、いまいち仕組みがわからない」「地方のお肉やお魚をもらえるのは…
  2. ここ4年ほどで注目が高まってきている資格「CBAP®」はご存じですか? キャリアアップを目指すビジ…
  3. 運動が苦手な人でも手軽に始められるウォーキング。お手持ちのスニーカーを履けばすぐに実践できるため、ア…
  4. 一年に一度のクリスマス。 皆さんはどのようにお過ごしになりますか?? 人気のレストランで…
ページ上部へ戻る