資産運用初心者必見!つみたてNISAがオススメな理由

 

最近巷でよく聞く資産運用。

社会に出たばかりの頃は生活するのに精一杯だったけれど、時が経ち、生活にある程度余裕ができてくると今ある資産をもっと有効活用したいと考える人が増えてくるのではないでしょうか。

しかし、資産運用や投資は難しそう…失敗したらどうしよう…という気持ちが勝り、なかなか手をつけることができないという方も少なくないでしょう。

そこで今回は、資産運用初心者の方にもオススメの「つみたてNISA」についてご紹介します。

 

つみたてNISAとは

つみたてNISAのお話をする前に、まずは一般NISAについてご説明します。

NISAとは、毎年決まった非課税投資枠が設定され、上場株式や投資信託の配当金、値上がり益が非課税になる制度のことです。
一般NISAは非課税期間が最長5年、年間最大投資枠が120万円に設定されています。

一方でつみたてNISAとは、長期で積立投資をしたいという方のために国が作った非課税の制度です。
一般NISAと違い、非課税期間は最長20年、年間最大投資枠は40万円のため、長期運用を見据えてコツコツ資産形成をしたいという方に向いています。

 

つみたてNISAが初心者にオススメの理由

 

初心者に最適な投資信託を国が厳選してくれる

一般的なNISAで投資できる商品には日本株・外国株・投資信託などがありますが、つみたてNISAの場合は「国の基準をクリアした投資信託」のみです。

予め国が定めた低コスト、長期安定運用等の基準をすべて満たした商品しかないので、初心者の方でも安心して投資することができます。

非課税

一般的に投資で利益がでた場合、その利益に対して20.315%の税金がかかります。
これだと、仮に約1000万円儲けたとしても800万円程度しか手元に残らないということです。

しかし、つみたてNISAではこの税金を、投資総額800万円までは非課税にしてもらえます。
この20.315%の差はとても大きいと言えるでしょう。

いつでも休止・減額・引き出せる

毎月コツコツつみたてしていたとしても、人生にはいつ何が起こるか分からないものです。

思わぬ病気や事故に遭ってしまうかもしれませんし、家電や家の設備が壊れて修理や買いなおしをする必要が出てくる、はたまた突然会社を退職することになるかもしれません。
そうなった場合、つみたてを続けることはおそらく厳しいのではないでしょうか。

そんな時、つみたてNISAは積立の金額を低くしたり、休止することもできるのです。
事情に応じて気軽に変更できるというのはとても有難いですよね。

 

人気の証券会社

つみたてNISAが初心者にオススメである理由は分かっていただけたかと思いますが、ではいざ証券会社を選ぶとなったらどこにすればいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、オススメの大手ネット証券会社を2社ご紹介します。

SBI証券

SBI証券は100円から投資信託を購入することができます。
最初はお試しで少額から始めてみたいという方や、少額で積み立てていきたいという方にはおすすめです。

さらに、カード決済で三井住友カードを設定すると、クレジットカードのポイントを貯めることができます。

また、SBI証券では取り扱っている投資銘柄数が最多水準であることもメリットのひとつであるといえるでしょう。
積立方式も毎日、毎週、毎月と細かく自分で設定できるのも嬉しいポイントです。

そして、SBI証券には無料で利用できる「かんたん積立アプリ」というサービスがあります。
保有ファンドの合計収益や損益状況をスマホで簡単に把握することができるので、初心者の方にも分かりやすく、ぜひオススメしたいサービスです。


SBI証券のNISA(ニーサ) – 公式ホームページ

楽天証券

楽天証券が多くの方に支持される理由のひとつは、楽天ポイント投資サービスにあると言えるでしょう。
楽天カードで積立決済をすると、決済額100円につき1ポイントが付与されます。
普段から楽天カードを利用している方からすると素晴らしいメリットですよね!

さらに、楽天証券ではサポート体制が充実しています。
何かあった際や相談がある場合には、土日でも電話で問い合わせができる「投信NISA 週末専用ダイヤル」があるので安心です。

また、自分に合った投資コースを提案してくれたり、自動運用をしてくれるサポートツールなど、初心者の方でも安心できるサポート体制が整っています。
そしてSBI証券同様、投資銘柄数が最多水準であることも魅力のひとつです。


つみたてNISA(積立NISA)| NISA(ニーサ) – 楽天証券

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は初心者だけど資産運用をしてみたいという方向けに、つみたてNISAのオススメポイントやオススメの証券会社についてご紹介させていただきました。

 

せっかくであれば銀行に預金して僅かな金利を手に入れるよりも、投資で充分な利益を得られる方が嬉しいですよね。

記事をご覧になった方が資産運用を始めるきっかけになれば嬉しく思います。初めての投資としてぜひつみたてNISAを検討してみてくださいね。



COQUELICOT編集部

投稿者プロフィール

編集部では、ライターさんを募集しております!
当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。
Unauthorized copying prohibited.

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめIT記事

  1. 従来、日本での雇用(就職)は、終身雇用で、新卒一括採用、年功序列賃金と併せて「日本型雇用(メンバーシ…
  2. 男性の職業と思われがちなIT業界、少ないですが女性の人数も増えてきています。実は女性が働く場としてI…
  3. パソコンの作業って面倒くさいし時間がかかりますよね。そこで役に立つのが「ショートカットキー」です!使…
  4. いま流行りのアジャイル開発の重要な役割を担う「アジャイルスクラムマスター」になるべくスクラムマスター…
  5. 転職に人気なIT業界の代表的な職業「プログラマー」はプログラムを書く人?システムエンジニア(SE)と…
  6. IT業界では「未経験者可」「未経験者歓迎」という求人が多く出ています。本当に未経験でも大丈夫なのか?…
  7. いま国内外で注目を浴びはじめているビジネスアナリストのための資格CBAP®。合格の難易度が高いのはも…

編集部のおすすめ

  1. データベースエンジニアの需要は高まると言われることもあれば、落ちていくと言われることもあります。なぜ…
  2. スクールで学んだほうがいいか、独学でがんばるのか?プログラミングを学ぶときに必ず出る悩みの1つです。…
  3. 従来、日本での雇用(就職)は、終身雇用で、新卒一括採用、年功序列賃金と併せて「日本型雇用(メンバーシ…
  4. ホームページを作成したいけど何から始めるべきなんだろうって思ったことはありませんか?また、webデザ…
  5. ポイ活アプリを使ってお小遣い程度でいいから貯めたいけど、たくさんある中でどれが一番いいのか分からない…

おすすめライフスタイル

  1. 従来、日本での雇用(就職)は、終身雇用で、新卒一括採用、年功序列賃金と併せて「日本型雇用(メンバーシ…
  2. ポイ活アプリを使ってお小遣い程度でいいから貯めたいけど、たくさんある中でどれが一番いいのか分からない…
  3. セキュリティエンジニアは情報セキュリティに関する技術や知識を使って情報を守ります。具体的には不正アク…
  4. Excelの「マクロ」とは、Excelの作業を自動化させるもの。Excelで同じ作業を頻繁に行うなら…

ピックアップ記事

  1. ipadを買うならGoodNotes5は絶対入れるべき!たったの980円でプライベートでも仕事でも大…
  2. 自社でサーバーを持たない企業も増えてきています。しかし、クラウドサービスでITインフラを整えるには専…
  3. 仕事や学校の授業でパワポ(powerpoint)を使ったことがある人は多いですが、パワポの便利な機能…
  4. 簿記とは、家計簿・お小遣い帳と一緒でお金の流れを管理・把握するための手段です。会社で行う簿記とは、最…
ページ上部へ戻る