ITのインフラって何?ITに欠かすことのできないインフラエンジニアとは?

エンジニアと言えば、プログラマーやシステムエンジニアなどのソフトウェアエンジニアのことを想像する人は多いです。しかし、エンジニアにはサーバーやネットワークなどを扱うハードウェアエンジニアもあります。そのハードウェアエンジニアにはインフラエンジニアというITには欠かすことのできない種類があります。

インフラエンジニアの役割

インフラは水道や電気、道路のような生活に欠かすことのできない設備のことです。そのため、ITインフラはITにとって欠かすことのできないものを指し、主にサーバーやネットワークのことを指します。インフラエンジニアは、そのITに欠かすことのできないサーバーやネットワークなどに関する仕事をするエンジニアです。

インフラエンジニアの主な種類

インフラエンジニアはITインフラに関する仕事をするエンジニアのことです。しかし、ITインフラにもいろいろな種類があります。そのため、インフラエンジニアにもいくつかの種類があります。その種類にはどのようなものがあるのか知っておきましょう。

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアは、サーバーの設計や構築、運用や保守などを行います。サーバーの設計や構築などではプログラミングスキルも必要になりますが、サーバー機器をラックに固定してり、機器の配線を行ったりなどの物理作業も必要になります。機器には重い物もあり、ラックの高い位置に付けたりすることもあるので、意外と力や体力も必要です。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、ネットワーク環境の設計や構築、運用や保守などを行います。パソコンや周辺機器、ルーターなどの機器をただ繋ぐだけでなく、機器の種類や数、機器の繋ぎ方などを適切に見極めて、安定したネットワーク環境を作るスキルが求められます。

インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの大きな仕事流れは、設計・構築・運用・保守です。これらそれぞれの項目で、具体的にどのような仕事をするのか知っておきましょう。

設計

まずはクライアントにヒアリングを行い、どのようなシステムを求めているのかを確認します。クライアントの要件を把握できれば、どのような機器を、どのように繋ぎ、どのくらいの期間をかけて、どのくらいの人手や費用が必要なのかなどを検討し、サーバーやネットワークを構築するために必要な設計を行います。

また、設計では構築のことだけでなく、運用方法や運用コストなどの稼働後のことも検討しておかないといけません。

構築

設計ができれば、その設計通りにサーバーやネットワークを実際に構築していきます。構築ができれば、実際に稼働させて、設計通りに動くかテストも行います。

運用・保守

設計通りに構築ができれば、稼働をさせます。システム稼働後は運用と保守を行っていきます。ITインフラはトラブルがあると、そのITインフラを使う企業は仕事ができなくなってしまう可能性があります。

そのため、場合によっては24時間365日体制で監視をして、トラブルが起こらないようにメンテナンスをしたり、トラブルが起こってしまった場合には迅速に事態を解決しなければなりません。

インフラエンジニアに必要な知識とスキル

インフラエンジニアはITインフラに関わる重要な仕事をします。もし、ITインフラにトラブルがあると、そのITインフラを使う企業は仕事ができなくなり、大きな損害が出てしまう可能性もあるでしょう。

そのため、インフラエンジニアにはエンジニアの中でも、特に専門性の高い知識やスキルを幅広く求められることになります。また、それらの求められる知識やスキルの中でも、特に重要なものがいくつかあります。

サーバーとネットワーク

インフラエンジニアと言えば、サーバーエンジニアやネットワークエンジニアのことを指すことも多いです。そのため、サーバーとネットワークの知識とスキルは必須となるでしょう。

サーバーとネットワークを扱うには、機器に対する知識が必要になります。また、サーバーやネットワークを構築する機器は海外の製品が多いです。そのため、説明書が英語で書かれていたり、問い合わせは海外の会社にしなければいけなかったりなどします。そのため、業界用語や専門用語まで扱えるほどの英語力も必要になるでしょう。

また、サーバーやネットワークはこれらのハードに関する知識だけでなく、構築や運用などでOSやプログラミングの知識も求められることにもなります。

クラウド

ITインフラはこれまでは自社内で設備を管理するオンプレミス型が主流でした。しかし、現在ではクラウドサービスが普及したことで、ITインフラはネット上に設置されたクラウド型を活用する企業も増えています。クラウド型であれば、自社でサーバーの構築や管理などをする必要がなくなります。

今後もクラウド型を導入する企業が増えると考えられているため、インフラエンジニアにはクラウドの知識とスキルを求められるようになりました。また、クラウドの普及によって、クラウドエンジニアというエンジニアの種類も生まれています。

セキュリティ

企業情報や個人情報のような重要な情報もデータとして保管されるようになりました。しかし、これらの重要な情報がデータ化されることで、サーバーやネットワークに入り込まれることで、その情報を抜き取られるというリスクも抱えることになりました。

重要な情報を抜き取られないようにするためにも、ITインフラのセキュリティには脆弱性があってはいけません。そのため、インフラエンジニアにはセキュリティの知識やスキルも求められることになります。

インフラエンジニアのことを知ろう

エンジニアと聞くと、プログラマーやシステムエンジニアを思い浮かべる人は多いです。しかし、エンジニアには他にもいろいろな種類があり、それぞれ役割が異なります。

インフラエンジニアはITインフラに関わる仕事をするので、エンジニアの中でもその重要性は特に高いです。そのため、エンジニアを目指すのであれば、ITに欠かせない存在であるインフラエンジニアのことは知っておくようにしましょう。


COQUELICOT編集部

投稿者プロフィール

編集部では、ライターさんを募集しております!
当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。
Unauthorized copying prohibited.

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめIT記事

  1. 従来、日本での雇用(就職)は、終身雇用で、新卒一括採用、年功序列賃金と併せて「日本型雇用(メンバーシ…
  2. 男性の職業と思われがちなIT業界、少ないですが女性の人数も増えてきています。実は女性が働く場としてI…
  3. パソコンの作業って面倒くさいし時間がかかりますよね。そこで役に立つのが「ショートカットキー」です!使…
  4. いま流行りのアジャイル開発の重要な役割を担う「アジャイルスクラムマスター」になるべくスクラムマスター…
  5. 転職に人気なIT業界の代表的な職業「プログラマー」はプログラムを書く人?システムエンジニア(SE)と…
  6. IT業界では「未経験者可」「未経験者歓迎」という求人が多く出ています。本当に未経験でも大丈夫なのか?…
  7. いま国内外で注目を浴びはじめているビジネスアナリストのための資格CBAP®。合格の難易度が高いのはも…

編集部のおすすめ

  1. データベースエンジニアの需要は高まると言われることもあれば、落ちていくと言われることもあります。なぜ…
  2. スクールで学んだほうがいいか、独学でがんばるのか?プログラミングを学ぶときに必ず出る悩みの1つです。…
  3. 従来、日本での雇用(就職)は、終身雇用で、新卒一括採用、年功序列賃金と併せて「日本型雇用(メンバーシ…
  4. ホームページを作成したいけど何から始めるべきなんだろうって思ったことはありませんか?また、webデザ…
  5. ポイ活アプリを使ってお小遣い程度でいいから貯めたいけど、たくさんある中でどれが一番いいのか分からない…

おすすめライフスタイル

  1. 従来、日本での雇用(就職)は、終身雇用で、新卒一括採用、年功序列賃金と併せて「日本型雇用(メンバーシ…
  2. ポイ活アプリを使ってお小遣い程度でいいから貯めたいけど、たくさんある中でどれが一番いいのか分からない…
  3. セキュリティエンジニアは情報セキュリティに関する技術や知識を使って情報を守ります。具体的には不正アク…
  4. Excelの「マクロ」とは、Excelの作業を自動化させるもの。Excelで同じ作業を頻繁に行うなら…

ピックアップ記事

  1. ipadを買うならGoodNotes5は絶対入れるべき!たったの980円でプライベートでも仕事でも大…
  2. データベースエンジニアの需要は高まると言われることもあれば、落ちていくと言われることもあります。なぜ…
  3. 2022年の夏はネオンカラーが流行ってテレビやSNSなどで特集がされることもありました。少し気が早い…
  4. 仕事や学校の授業でパワポ(powerpoint)を使ったことがある人は多いですが、パワポの便利な機能…
ページ上部へ戻る