プログラマーとシステムエンジニアだけではない!IT業界の開発職の種類とは?

IT業界に対して、プログラマーとシステムエンジニアに強い印象を持つ人は多いでしょう。しかし、IT業界の仕事はこれら以外にもいろいろな職種があります。もし、IT業界での仕事を考えるのであれば、自分に合った職に就くためにも、IT業界の仕事について詳しく知っておくようにしましょう。

IT業界の職種は4つ

IT業界の仕事はプログラマーやシステムエンジニアなどのように、細かく分けると多くの職種があります。しかし、大きく分ければその種類は4つになります。まずはIT業界の職種はどのようなものがあるのか知っておきましょう。

職種1:開発

IT業界といえば、システムの設計やプログラミングなどの仕事を思い浮かべる人が多いでしょう。これらの仕事がプログラマーやシステムエンジニアなどの仕事範囲で、開発職となります。

開発職に黙々と開発作業をしているイメージを持つ人もいますが、開発職は基本的にチームで仕事をすることになります。また、要件定義でクライアントにヒアリングを行ったり、スケジュール調整の打ち合わせをしたりなどもします。そのため、イメージとは異なり、人と接しながら仕事をすることが多いです。

職種2:マネジメント

IT業界では部長や課長などの管理職とは別に、プロジェクトの進捗状況を管理したり、チームをまとめたりなどする役割を持つ仕事があります。その職種にはプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーなどがあります。プロジェクトの管理を行うため、技術だけでなく、経験も求められる仕事です。

職種3:営業

IT業界でも、開発したシステムを売り込んだり、仕事を受注したりなどする必要があります。そのため、営業職もあります。

営業職であれば開発職のように専門技術は必要ありません。ただし、商品やサービスの知識は必要となるので、ITの専門知識は求められることになります。

職種4:マーケティング

マーケティングでは、WEBサイトのPV数を増やしたり、IT技術を活用して集めたデータを分析して事業に活かしたりなどします。マーケティングにはWEBマーケティングやデータアナリストなどがあり、事業の成長や課題の解決などをするための重要な役割を担う職種です。

プログラマーとシステムエンジニア以外の開発職とは?

IT業界の仕事と言えば、開発職であるプログラマーやシステムエンジニアの仕事をイメージする人は多いです。しかし、開発職にはこれらの職種以外にもいろいろな職種があります。IT業界の仕事の理解を深めるためにも、他にはどのような開発職があるのか知っておきましょう。

WEBエンジニア

WEBエンジニアはWEB上で動作するシステムやアプリなどを設計・開発などの仕事をするエンジニアです。また、WEBエンジニアはフロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアに分けることができます。

フロントエンドエンジニアは主に画面上で動作が確認できるアプリやサービスなどを構築する仕事をします。これに対して、バックエンドエンジニアはユーザーが目で確認できないサーバー部分などで動作するプログラムを作成などを行います。

テストエンジニア

テストエンジニアは作成したシステムやプログラムなどが設計書通りの動作をするか確認するエンジニアです。ただシステムやプログラムを実行するだけでなく、さまざまなパターンで動作確認をし、いろいろな角度から設計ミスやエラーなどを見つけます。

企業によって、テストエンジニアを専門で役割を与えられることもあれば、システムエンジニアやプロジェクトマネージャーなどが兼任することもあります。

インフラエンジニア

インフラエンジニアはITシステムを使ううえで欠かすことのできない、サーバーやネットワークなどの設計や構築を行います。また、保守や運用なども行います。

サーバーやネットワークに関わる仕事をするため、ハードの知識が必要です。また、これらは不具合が起こると、業務に大きな支障を出してしまうこともあるため、仕事の責任が非常に重いです。

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアはサイバー攻撃や情報漏洩などを防ぐためのシステムを設計したり、運用したりなどします。

企業の情報が漏れることは非常に大きなリスクのため、それを防ぐセキュリティエンジニアの責任は重いです。また、サイバー攻撃を防ぐには非常に高度な知識と技術が必要なため、専門性が高いIT業界の開発職の中でも、さらに高い専門性が求められる仕事でしょう。

データベースエンジニア

データベースには膨大な量の情報が記録されています。そのデータベースを設計や開発をして、情報を活用できるように解析や分析したりなどするのがデータベースエンジニアの仕事です。

近年ではビッグデータの活用が重要視されているため、データベースを扱うデータベースエンジニアの需要は高まっています。

IT業界について詳しく知ろう

IT業界に対して、プログラマーとシステムエンジニアのイメージしか持っていない人は多いです。しかし、IT業界の仕事には他にもいろいろな職種があります。また、開発職だけでなく、他にもいろいろな職種があります。

 

IT業界での仕事を考える場合には、職種選びで失敗しないように、しっかりとIT業界の仕事についての知識を深めておくようにしましょう。


COQUELICOT編集部

投稿者プロフィール

編集部では、ライターさんを募集しております!
当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。
Unauthorized copying prohibited.

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめIT記事

  1. 従来、日本での雇用(就職)は、終身雇用で、新卒一括採用、年功序列賃金と併せて「日本型雇用(メンバーシ…
  2. 男性の職業と思われがちなIT業界、少ないですが女性の人数も増えてきています。実は女性が働く場としてI…
  3. パソコンの作業って面倒くさいし時間がかかりますよね。そこで役に立つのが「ショートカットキー」です!使…
  4. いま流行りのアジャイル開発の重要な役割を担う「アジャイルスクラムマスター」になるべくスクラムマスター…
  5. 転職に人気なIT業界の代表的な職業「プログラマー」はプログラムを書く人?システムエンジニア(SE)と…
  6. IT業界では「未経験者可」「未経験者歓迎」という求人が多く出ています。本当に未経験でも大丈夫なのか?…
  7. いま国内外で注目を浴びはじめているビジネスアナリストのための資格CBAP®。合格の難易度が高いのはも…

編集部のおすすめ

  1. データベースエンジニアの需要は高まると言われることもあれば、落ちていくと言われることもあります。なぜ…
  2. スクールで学んだほうがいいか、独学でがんばるのか?プログラミングを学ぶときに必ず出る悩みの1つです。…
  3. 従来、日本での雇用(就職)は、終身雇用で、新卒一括採用、年功序列賃金と併せて「日本型雇用(メンバーシ…
  4. ホームページを作成したいけど何から始めるべきなんだろうって思ったことはありませんか?また、webデザ…
  5. ポイ活アプリを使ってお小遣い程度でいいから貯めたいけど、たくさんある中でどれが一番いいのか分からない…

おすすめライフスタイル

  1. 従来、日本での雇用(就職)は、終身雇用で、新卒一括採用、年功序列賃金と併せて「日本型雇用(メンバーシ…
  2. ポイ活アプリを使ってお小遣い程度でいいから貯めたいけど、たくさんある中でどれが一番いいのか分からない…
  3. セキュリティエンジニアは情報セキュリティに関する技術や知識を使って情報を守ります。具体的には不正アク…
  4. Excelの「マクロ」とは、Excelの作業を自動化させるもの。Excelで同じ作業を頻繁に行うなら…

ピックアップ記事

  1. 2022年の夏はネオンカラーが流行ってテレビやSNSなどで特集がされることもありました。少し気が早い…
  2. 自社でサーバーを持たない企業も増えてきています。しかし、クラウドサービスでITインフラを整えるには専…
  3. データベースエンジニアの需要は高まると言われることもあれば、落ちていくと言われることもあります。なぜ…
  4. 簿記とは、家計簿・お小遣い帳と一緒でお金の流れを管理・把握するための手段です。会社で行う簿記とは、最…
ページ上部へ戻る