情報セキュリティの重要性は高い?甘くみてはいけない情報への対策

情報はデジタル化が進み、保存や管理がしやすくなりました。しかし、便利となった一方で、情報はデジタル化されたことで大きなリスクを抱えることにもなりました。その大きなリスクから情報を守るためにも、情報セキュリティへの意識が非常に重要となります。

情報セキュリティの重要性は高い?

普段何気なく使っている仕事のパソコンにはいろいろな情報が入っています。あまりにも当然のように使っていることもあり、その情報の重要性に対する認識が甘くなっている人も多いでしょう。

しかし、その油断が会社に大きな損害を与えてしまう可能性もあります。そのため、まずは情報セキュリティの重要性を把握しておきましょう。

情報が抱える巨大なリスク

もし、ファイルが破損して開けなくなったり、消失してしまったりなどしてしまうと、その会社は事業を続けられなくなってしまう可能性があります。また、顧客データを流出させてしまった場合には、重大な問題となり、事業の存続が困難となってしまう可能性もあるでしょう。

普段何気なく仕事で使っている情報は、会社の命と繋がるような大切なものであることを忘れてはいけません。

情報セキュリティ対策の必要性

会社で保有している情報は破損や流出などしてしまうと、場合によっては事業の存続ができなくなります。そのため、取り扱いは慎重に行う必要があります。

しかし、どれだけ慎重に扱っていたとしても、外部からの攻撃を受けたり、パソコンやスマホなどの端末を盗まれたりなどする可能性もあります。これらのリスクに備えるためにも、情報セキュリティ対策を行って、大切な情報を守らなければなりません。

情報セキュリティ対策の要素

情報を守るには、情報セキュリティ対策をしっかりと行う必要があります。その情報セキュリティは主に3つの要素が成り立ちます。情報の守り方を把握するためにも、それらの要素について把握しておきましょう。

機密性

重要な情報は誰でも使える状態にしておくと、紛失や破損、流出などのリスクが高まってしまいます。そのため、不要な人は使えないようにファイルやフォルダなどにはアクセス権限を付与しておくようにしなければいけません。

完全性

情報は正しい状態で保存されている必要があります。そのため、誰かが勝手に触って破損させたり、不正にアクセスして改ざんされたりなどされないようにしなければいけません。

可用性

機密性や完全性を守るためには、情報は誰でも使えるような状態にしてはいけません。ただし、その情報が必要な人に対しては、いつでも情報が使えるようにしておく必要があります。情報をいつでも使えるようにしておくことには、不正アクセスや流出などの対策だけでなく、自然災害による停電やハードの破損などの事故にも備えておくことも含まれます。

情報セキュリティ対策の種類

情報セキュリティの対策は大きく2つの種類に分けることができます。これらは対策できる対象が異なるので、その違いを把握しておきましょう。

技術対策

不正アクセスやウィルスなどは技術対策となります。技術対策をしていないと、会社の情報を抜き取られたり、データの破壊や改ざんなどをされてしまう可能性があります。

そのため、ファイヤーウォールやウイルス対策などを行って、外部からの攻撃に備えないといけません。特に、クラウドやテレワークなどを導入するタイミングはセキュリティに穴ができやすいので注意が必要です。

物理対策

パソコンやスマホなどの端末を盗まれたり、破壊されたりなどすれば、情報も盗まれたり、破壊されることになります。そのため、入退室の管理や施錠の徹底、パソコンはセキュリティワイヤーで固定するなどの物理対策も必要になります。

情報セキュリティ対策の4つのポイント

情報セキュリティは要素や種類を意識して対策を行う必要があります。しかし、具体的にはどのようなことをすれば良いのかわからないという人もいるでしょう。情報セキュリティの対策にはポイントがあるので、それらを事前に押さえておきましょう。

ポイント1:不正アクセス

情報に改ざんや破損があれば不正アクセスされた可能性に気がつくことができるでしょう。しかし、情報に改ざんや破損に気がつくまでに時間がかかってしまうこともあります。また、情報を抜き取られた場合は情報や見た目に変化がないため、不正アクセスに気がつかない可能性まであります。

そのような状況を防ぐには、誰が、いつ、どの情報を使ったのかなど、ログの取得と管理をしなければなりません。ログを確認することで、外部からのアクセスに気がつくことができ、すみやかに状況を確認することができます。

ポイント2:データの扱い方

データはUSBやCD-Rなどに入れて、簡単に持ち運べてしまいます。もし、それらのメディアを紛失してしまえば情報漏洩に繋がってしまいます。

そのため、どの情報であれば社外に持ち出しても良いのか、メディアの廃棄方法はどうするかなどのデータの扱い方について明確なルールを決めておかなければなりません。

ポイント3:端末の扱い方

パソコンやスマホが盗まれたり、紛失したりなどすると、情報漏洩に繋がってしまいます。そのため、端末もデータやメディアと同様に、社外に持ち出す場合は記録を残す、他人に画面を覗き見される可能性のある場所で作業をしないなどのルール決めが必要です。

また、端末がウイルスに感染することも情報漏洩の原因となってしまうので、重要なデータの入った端末はネットに繋がない、仕事に関係のないサイトを利用しない、不用意にメールを開かないなどのルールも必要でしょう。

ポイント4:従業員の教育

いくらデータや端末の扱い方を会社の方で決めても、それらのルールを従業員が守らなければ情報を守ることはできません。

そのため、従業員が隠れて端末やデータを持ち帰って仕事をしたりなどしないように、情報の重要性や流出時のリスクなどをしっかり伝えて、ルールを徹底するように教育が必要です。

対策をして情報を守ろう

普段何気なく使っている情報ですが、その情報は破損や流出をすれば会社が事業を存続できなくなる可能性があります。企業が保有する情報はそれだけ重要なものであり、大きなリスクを抱えているものであることを把握しておきましょう。情報の重要性を把握することで、情報セキュリティの重要性も把握できるでしょう。

 



COQUELICOT編集部

投稿者プロフィール

編集部では、ライターさんを募集しております!
当サイトのテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。
Unauthorized copying prohibited.

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


おすすめIT記事

  1. 従来、日本での雇用(就職)は、終身雇用で、新卒一括採用、年功序列賃金と併せて「日本型雇用(メンバーシ…
  2. 男性の職業と思われがちなIT業界、少ないですが女性の人数も増えてきています。実は女性が働く場としてI…
  3. パソコンの作業って面倒くさいし時間がかかりますよね。そこで役に立つのが「ショートカットキー」です!使…
  4. いま流行りのアジャイル開発の重要な役割を担う「アジャイルスクラムマスター」になるべくスクラムマスター…
  5. 転職に人気なIT業界の代表的な職業「プログラマー」はプログラムを書く人?システムエンジニア(SE)と…
  6. IT業界では「未経験者可」「未経験者歓迎」という求人が多く出ています。本当に未経験でも大丈夫なのか?…
  7. いま国内外で注目を浴びはじめているビジネスアナリストのための資格CBAP®。合格の難易度が高いのはも…

編集部のおすすめ

  1. データベースエンジニアの需要は高まると言われることもあれば、落ちていくと言われることもあります。なぜ…
  2. スクールで学んだほうがいいか、独学でがんばるのか?プログラミングを学ぶときに必ず出る悩みの1つです。…
  3. 従来、日本での雇用(就職)は、終身雇用で、新卒一括採用、年功序列賃金と併せて「日本型雇用(メンバーシ…
  4. ホームページを作成したいけど何から始めるべきなんだろうって思ったことはありませんか?また、webデザ…
  5. ポイ活アプリを使ってお小遣い程度でいいから貯めたいけど、たくさんある中でどれが一番いいのか分からない…

おすすめライフスタイル

  1. 従来、日本での雇用(就職)は、終身雇用で、新卒一括採用、年功序列賃金と併せて「日本型雇用(メンバーシ…
  2. ポイ活アプリを使ってお小遣い程度でいいから貯めたいけど、たくさんある中でどれが一番いいのか分からない…
  3. セキュリティエンジニアは情報セキュリティに関する技術や知識を使って情報を守ります。具体的には不正アク…
  4. Excelの「マクロ」とは、Excelの作業を自動化させるもの。Excelで同じ作業を頻繁に行うなら…

ピックアップ記事

  1. 2022年の夏はネオンカラーが流行ってテレビやSNSなどで特集がされることもありました。少し気が早い…
  2. 自社でサーバーを持たない企業も増えてきています。しかし、クラウドサービスでITインフラを整えるには専…
  3. データベースエンジニアの需要は高まると言われることもあれば、落ちていくと言われることもあります。なぜ…
  4. ipadを買うならGoodNotes5は絶対入れるべき!たったの980円でプライベートでも仕事でも大…
ページ上部へ戻る